転職失敗談・転職体験談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣!

転職体験談・転職失敗談から学ぶ失敗しない転職方法の秘訣を伝授します。。転職する際にはたくさんの情報を取得することが重要です。本サイトでは実際の転職体験談・転職失敗談を紹介します。

転職失敗談

同業種(営業職)への転職失敗談

投稿日:2017年5月30日 更新日:

20代男性です。私が転職しようと思ったきっかけは、恥ずかしながら「このままでいいのか?」という焦燥感と、「もっと色々なことができるようになりたい」という若さ故の気持ちからでした。
営業職で4年その会社にはいたのですが、ポストは営業所長で人材確保から管理を行って営業もするという典型的なマネジメントプレイヤーでした。

スポンサーリンク

給料もソコソコ貰えて、自分で職場環境を変化させていける分、楽しく仕事ができていましたし、やりがいという部分でも十分だったと思います。

しかし、自身の能力不足もって仕事にマンネリを生じさせてしまい、典型的ではありますが環境を一新して一から新しいことをやりたいと強く願うようになり退職を決意しました、周りからや、部下からは非常に驚かれましたが気にせず去っていきました。

何か新しい環境で刺激を欲していた私は、同じ営業職でも高額なものを扱う「不動産」か「保険」のどちらかの営業をやろうと思い、求人を捜していました。するとその類の求人はたくさんあり、すぐに応募をすることにしました。
そこの会社はまだ立ち上がって5年という若い会社でしたが、面接のときの面接官がそこの会社の社長で、とても好感が持てたのでそこに決めました。

入ってからわかったのですが、そこの会社は年月は浅いものの、どこかの会社とのグループ営業らしく、そこで働く社員たちは(全6名)別の営業会社から出向という形で来たらしく、昔から営業をやっているという感じがしました。

新しい環境で気合を入れて、わくわくしながら仕事を始めると早くも違和感が私を襲いました。当時の不動産営業の主な顧客へのアプローチは見込み客に対しては電話セールスなのですが、見込み客を作るのは名簿からのいきなりの電話と、路上での声掛けでした。

別に営業内容は少しグレーな部分はありますが、特に気にはせずに行っていたのですが、路上での営業時、管理者である社長から離れると社員たちの様子が明らかに変わったのを覚えています。
 2日目でした。「絶対言っちゃだめだよ」と言って喫茶店に連れていかれてそのまま帰社時間までだらだらしてしまいました。別の日もそうです。とにかく外に出るとひたすらサボるのです。

私も我が強いわけではなく、皆と協力して仕事をしていきたいし特に反論するわけでもなく追従していたのを覚えています。仕事で大事なのは圧倒的に人間関係だと思っていますので、入って数日のペーペーが踏み込んで壊していくには相当な勇気がいりました。

そんな感じで一カ月が経過して相変わらず日々を送っていましたが、サボることに慣れてきてしまっている自分がいることに気づきました。

スポンサーリンク

私は凡人です。環境に左右されるのは当たり前で、自分で環境を作れていてマイナス要素を排除できた依然と違って、こんな環境で毎日仕事していたら毒されてしまうのは当たり前です。
給料も減り、自分の思うがままに生きていこうと決めたはずが、環境の奴隷となり何も手に出来ない状態になってしまいました。今さら変えていく勇気も出ずに結局二カ月でその会社を退社してしまいました。どうしても人に流されてしまう弱い生き物なので本当に失敗してしまったと感じました。

今思えば、前の営業所長では自分でどんどん変えていけるし、仲間たちも活気に溢れてとてもクリエイティブに仕事ができていました。あの時に自分がどれだけ良い仲間たちと一緒に仕事が出来ていると感じ、感謝できていたらこんな失敗はしなかったと思います。

↓転職支援スマホ・アプリ「ジョブクル」↓

転職支援アプリ「ジョブクル」 

   

↓転職なら【リクルートエージェント】転職支援サービスがお勧め↓


転職失敗談TOPへ

スポンサーリンク

-転職失敗談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職は業務委託でなく正社員で入社しないと収入が安定しない

51歳の男性です。48歳の時に転職しました。 転職したきっかけはある日用品メーカーで知人が相談役をしており、あるプロジェクトを起こすのだがひとりじゃ回らないので手伝ってくれないかという打診があったから …

高い給料に惹かれ営業会社に転職したのは失敗でした。

50代前半の男性です。転職したのは数年前の事です。もともと私が勤めていた会社は有限会社でした。有限会社とはいえ、わたしの住んでいた田舎では、地域密着型の有名な企業でした。 スポンサーリンク

パートタイムから正社員の会社へ転職活動しているのがバレて焦って転職

40歳女性です。ゼネコンで建築事務の仕事をしていました。平日の9時から15時までのパートタイムで時給は当時の最低賃金でした。子供もだんだん手がかからなくなってきたため、できれば残業がない仕事で正社員の …

50歳を超えて高校の英語教員から転職がうまくいかない

50代の男性です。3年前の冬の話になるのですが、私は30年間ほど勤務した県立高校の英語教員を早期退職しました。原因は莫大な仕事量に耐えきれなくなり、睡眠障害になってしまったことでした。 しかも睡眠薬を …

自動車メーカーから転職してまたリストラされた!

私が以前勤務していた、自動車メーカー関係の会社技術開発部で15年勤務していました。 スポンサーリンク 当時、生産部と技術開発部と販売部との会議にて新型車を発表段階まで行きましたが、上層部の取締役員の古 …